耐震改修

   
環境汚染がもたらしているといわれる台風・地震・竜巻・豪雨等の強大化は避けられないものです。
北関東大震災をみても安全安心できる住まいがあることが、生活の根本を支えます。
昭和56年以前に建てられた住宅は、特に耐震・耐風的にあまり好ましくない建物である可能性があります。現在は耐震診断の補助金・耐震改修のリフォーム助成金などの制度もありますので、利用してみてはいかがでしょうか?

   
耐震改修
耐震改修が必要なのかどうかは診断を行ってみなければわかりません。耐震改修はやり方しだいでは費用が高くなりがちです。
いきなり改修工事をするのではなく、しっかり事前確認をすることが大切です。
参考までにここ数年の住まいは、新耐震基準で施工されているだけでなく、バランス計算なども行われていますので少し安心ですが、それはたんに現在の最低基準である建築基準法を満たしているにすぎません。
現行の新耐震基準といっても2020年に義務化される長期優良住宅(住宅性能評価基準)の耐震等級2に比べるとそれでもかなり見劣りする構造強度です。
リフォームも長期優良住宅制度がとり入れられるという動きもあるようなので、10年後を考えるとより構造強度のアップを考えておいた方がいいと思われます。
   
 
【佐賀市の住宅・建築物耐震診断補助事業について】
 
 
   佐賀市では、木造戸建住宅等の耐震診断にかかる費用について一部補助制度が設けられています。
 
  ■ 対 象 建 築 物 : 昭和56年5月以前に建築確認を受けた建築物、一戸建木造住宅 他
 
  ■ 補 助 金 額    : 診断費用の2/3
 
 
  ※詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい。